header

小竹町のみどころ

南良津獅子舞
宝暦2年(1752年)豊年を祝って獅子舞を奉納したのがはじまりで、以来、夏の祈祷の際に舞われ現在に至っています。 笛、太鼓の楽に合わせて前楽、古楽、道楽、出端の形があります。
獅子舞写真

新多神相撲写真
新多神相撲
小竹町に古くから伝えられ7月に催される行事で、村中が参加する民族伝統芸能です。 行事(オギョウ)の巧みな気合いにあわせて技を披露し、2人の力士の呼吸が合っていることが最大の条件で、失敗すると行事が手にする「サカ木」で体をしたたか打たれます。行事のしぐさが大変おもしろく興味のあるところです。

ホーム 町のみどころ 年中行事・小竹の伝説 お知らせ・イベント
footer