ヘッダー

おすすめのホームページ

ふくおかWEBでは毎週1つずつ「ふくおかWEB」に掲載されている中からおすすめのホームページを紹介していきます。皆さまからの自薦、他薦も広くお待ちいたします。どうぞお楽しみに!

bar

(vol.5)




ハーロックにメーテル、鉄郎も応援する博覧祭



北九州博覧祭2001

まだ少し早い話ですが、今年の7月〜11月までの4ヶ月間、スペースワールド駅前にて「ジャパンエキスポ北九州博覧祭2001」が開催されます。今回はこのホームページをご紹介します。
(01'03'15現在)
URL:www.city.kitakyushu.jp/
%7Ek0401050/index_2.html



≪ふくおかWEBおすすめの理由≫

開催までまだ100日以上ある「北九州博覧祭」ですが、テーマの詳しい解説や各パビリオンの紹介、イベントの事前告知やパビリオンのアテンダント募集、などがわかりやすく書かれていて、開催前にうまく事前告知が成功している例と言えるでしょう。この博覧会で使われる多数の有名キャラクターの原作者、松本零士さんのコーナーも必見!



北九州博覧祭2001は、ジャパンエキスポ史上初の政令指定都市で行われる都市型博覧会であり、21世紀のスタートの年に開催することから、新時代に向けて、テクノロジー(技術)とアート(芸術)とエコロジー(環境)が融合しあったバランスのとれた街作りを目指し、「テクノロジーとアートとエコロジーの融合」を会場計画のコンセプトとしています。

注目のパビリオンは?!

博覧祭の大きな見どころは何と言ってもパビリオン。北九州博覧祭では、テーマパビリオンや北九州市が展開するパビリオン、企業や官公庁が独自に出展する一般出展パビリオンなどが数多く出展されます。

パビリオンはそれぞれにテーマが・・・

テーマパビリオンは「産業・技術」「環境」「アジア」「健康・福祉」「産業観光」という5つの「視点」に対応しており、それぞれ「テクノパークゾーン」「エコパークゾーン」「2001アジアドリームゾーン」「北九州交流ゾーン」「1901メモリアルゾーン」などに分かれて、さまざまな切り口で「人・まち・技術」の歴史と未来を紹介しています。

遊びごころ満載のパビリオン♪

また一般出展パビリオンでは、7つのテーマゾーンの中の「テクノパークゾーン」「エコパークゾーン」を中心に各ゾーンに関連の深い企業や官公庁が5つの視点に沿った独自の展示内容を展開予定です。

早く体験したいアトラクション!

たとえば、九州各地の景色や祭りに触れあう旅をミニトレインに乗って体験できる「わくわく九州探検トレイン (JR九州提供)」(仮称)や座席が動く大型三次元曲面スクリーンで最新のデジタル映像を通して未来の情報ネットワーク社会を冒険できる「シュミレーションライドシアター(日立製作所提供)など、訪れてみたいパビリオンが目白押しです。

「銀河鉄道999」の出発駅は、小倉駅?

さらに、博覧祭ポスターやキャラクター提供を手がける北九州出身の松本零士さんのコーナーでは、「銀河鉄道999」は実は小倉駅から出発して旅をして、また小倉駅に帰ってくる、999が宇宙へと旅立つシーンは家の前を走る列車が足立山を上って行くイメージだった・・・などの制作秘話も掲載されています。


<ふくおかWEBからのお願い>

ふくおかWEBでは、「おすすめのホームページ」で紹介するホームページを募集しております。自薦・他薦は問いませんので、ふくおかに関する面白いホームページや役に立つホームページを知っている方は、こちらまでお願いします!!

back
おすすめの表紙に戻る

[トップページ新着カテゴリ一覧索引検索地域企業50個人50登録お知らせ]
フッター
ホームページ制作ならペンシル 福岡 東京

(c)Copyright Pencil Co., Ltd. All rights reserved.
お問い合わせはこちら